カラーコーディネーターの試験

カラーコーディネーターの受けようとしていた時期がありました。
時に色がス下ったと言うことや興味があったというわけではありません。
みんなと違う自分が欲しかったのだと思います。
しかし、実際は最初の数ページで挫折しまいた。
それだけの理由では、全てを記憶するという動機にはならないからです。
私たちは勉強をするときに、勉強しなければならないと言う状況まで環境を作らなければなりません。
そうしなければ、1つに集中できないからです。
集中できなければ、当然いい結果をもたらすことにはなりません。
そのため試験に一番必要なのはそれにのめり込む環境なのです。
思えばこのような環境を作ることは難しいのです。
だからこそ、試験は難しいのです。
勉強はやれば出来るように出来ています。
繰り返し覚えるために、繰り返し見て、繰り返し聞ければいいだけですので。
ようするにそれをするための環境を作れないから、毎度点数が悪いのです。
つまり、その環境が整えばどんなテストでも受かると言うことになります。